ボウリングのピンのサイズはどのボウリング場も同一規格なのでしょうか

ボウリング場のピン

ピンの材料は楓(カエデ)で作られており、高さ38.1cm・重さ3ポンド6オンス以上、3ポンド10オンス以下と規定がありますので、どのボウリング場もピンの種類は違いますが同じ規格のピンを使用しています。

楓は衝撃に強いという性質を持つ材質です。そしてボールが当たった時に甲高い音が出るようにあえて中心付近に空洞を作ってあります。
ピンの重心は、底の面からだいたい15㎝のところの最も太い部分となります

関連記事

  1. ボウリング場のレーン

    レーンオイルの変化

  2. レーンコンディションは投げているうちに変化するのか

    ちょっと知っトク vol.2

  3. ボウリング場のボール

    オイル抜きは何のためにするのでしょうか?

  4. ボウリング

    ボウリングはルールを守って楽しくプレーしましょう

  5. ボウリングボールの寿命

    ボールの寿命について・寿命を伸ばすには?

  6. ボウリング場

    なぜ10ピンが良く残るのですか?