なぜ、ボールを曲げるの?

ボウリング場

ボールの進入角度により、ストライクの確率が変化します。1番ピンと3番ピンの間(左投げの場合は1番ピンと2番ピンの間)にボールが進入すれば、ほぼストライクになります。しかもその幅が3cm程度あります。つまり少しのコントロールミスはカバーできるわけです。レーンの端から1番ピンめがけて真っすぐ投げても1.5度の進入角度しか得られません。

の時100%の確率でストライクになる位置の幅は僅か数mmしか存在しません。そのためボールを曲げようとするわけです。それだけにコントロールも要求され、レーンコンディションを読むことが必要となります。
ボールが曲がることによって、入射角度が付くためなのです。

関連記事

  1. アプローチチェックについて

    ちょっと知っトク vol.1

  2. ボウリング場のレーン

    レーンオイルの変化

  3. ボウリング場のピン

    ボウリングのピンのサイズはどのボウリング場も同一規格なのでしょうか

  4. レーンコンディションは投げているうちに変化するのか

    ちょっと知っトク vol.2

  5. ボウリング場

    ボウリングのピン編

  6. ボウリングボールの寿命

    ボールの寿命について・寿命を伸ばすには?